緑内障

緑内障とは

緑内障のイメージ写真

緑内障は視神経が傷つき、視野が狭くなっていく疾患です。
眼球の後ろにある視神経はとても繊細で眼圧に耐えられないと押しつぶされ、傷ついてしまいます。
ただ、眼圧が正常範囲(10~21mmHg)であったとしても、場合によっては緑内障になってしまうケース(正常眼圧緑内障)もあるため、眼圧だけでは緑内障かどうかは判断できず、診断にあたっては、視神経の状態をきちんと調べる検査が必要になります。

視神経は一度障害を受けてしまうと再生されることがないので、緑内障は失明の危険も伴う非常に怖い疾患です。
緑内障も他の病気と同様に早期発見・早期治療が大切です。

40歳になったら検査をおすすめします

緑内障の初期から中期は自覚症状が少なくそのため受診が遅れ、知らないうちに症状が進行していることが少なくありません。
40歳になったら定期的に緑内障の検査を受け、早いうちに緑内障を発見することが重要です。

緑内障の見え方の変化(片目で見た場合)

緑内障の見え方の変化(片目で見た場合)
長津田駅前眼科

〒226-0027 横浜市緑区長津田5-4-1長津田クリニックビル4F TEL : 045-988-5525 [最寄駅] JR横浜線、東急田園都市線「長津田」駅徒歩1分

休診日:月曜午後、水曜午後、土曜午後、日曜・祝日
※受付時間は午前は12:30まで、午後は18:15までとなります。
  日祝
9:00~13:00
14:30~18:30
長田整形外科
045-988-5525 PAGE TOP