白内障

白内障とは

白内障のイメージ写真

目の中のレンズ(水晶体)が白く濁る状態が白内障です。
水晶体自体は透明でよく光を通すのですが、水晶体が濁ると、光がうまく通過できなくなったり、光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下します。
白内障は、早ければ40歳あたりから発症し、80歳を超えると、程度の差こそあれ、ほとんどの人が白内障の状態にあると言われます。そのため、患者様がたいへん多い疾患でもあります。
このほか、加齢以外にも、全身疾患(糖尿病など)、薬(ステロイドなど)の副作用、外傷、紫外線、喫煙などが原因として考えられます。そのため、若い方でも発症することがあります。

こんな症状が出たら・・・

白内障は、初期段階では自覚症状に乏しいので、気づかない方が多いです。
しかし、病状が進行していくと、以下のような症状が見られるようになってきます。
下記のような症状に心当たりがありましたら、当院をご受診ください。

  • 目が霞んで、辺りが白く霧がかかったように見える
  • 明るいところでは、かえって目が見えにくい
  • 太陽光や街灯、車のヘッドライトなどの光をひどく眩しく感じる
  • 視力が低下して、小さな文字が読みにくくなる
  • メガネの度が急に合わなくなる など
長津田駅前眼科

〒226-0027 横浜市緑区長津田5-4-1長津田クリニックビル4F TEL : 045-988-5525 [最寄駅] JR横浜線、東急田園都市線「長津田」駅徒歩1分

休診日:月曜午後、木曜午後、土曜午後、日曜・祝日
※受付時間は午前は12:30まで、午後は18:15までとなります。
  日祝
9:00~13:00
14:30~18:30
長田整形外科
045-988-5525 PAGE TOP